Archive

2006年
10月
11月
12月
2007年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
09月
10月
12月
2008年
06月
09月
11月
2009年
02月
10月

2010年

01月

教育プログラム

同志社大学大学院総合政策科学研究科
寄付教育研究プロジェクト

医療政策・経営研究センター
2009年度 第2回教育ワークショップ

地域医療を問い直す

 〜ジャーナリストが追う地域医療再生のプロセス 〜

講師:赤津良太氏

(読売新聞東京本社千葉支局記者)

 

日 時:10年1月28日(木)18:00〜20:00 終了 
会 場:室町キャンパス寒梅館 KMB209
参 加:無料/定員40名    map.

〜受付は終了しました〜

 

 


 

同志社大学大学院総合政策科学研究科
寄付教育研究プロジェクト

医療政策・経営研究センター
2009年度 第1回教育ワークショップ

地域医療におけるネットワークの構築を目指して

 〜 情報ネットワークとヒューマンネットワーク 〜

講師:横山淳一氏

(名古屋工業大学しくみ領域社会工学専攻准教授)

 

日 時:09年10月27日(火)18:00〜20:00 終了
会 場:室町キャンパス寒梅館 KMB212
参 加:無料/定員50名    map.

〜受付は終了しました〜

 

 


 

同志社大学大学院総合政策科学研究科
寄付教育研究プロジェクト

医療政策・経営研究センター
2008年度第4回教育ワークショップ

大阪府立病院改革の取り組み

〜赤字体質から黒字経営に〜

講師:徳永幸彦氏

(地方独立行政法人大阪府立病院機構 副理事長)

 

日 時:09年2月24日(火)18:30〜20:30 終了 
会 場:今出川キャンパス扶桑館 MM2
参 加:無料/定員60名    map.

〜受付は終了しました〜

 

 


 

同志社大学大学院総合政策科学研究科
寄付教育研究プロジェクト

医療政策・経営研究センター
2008年度第3回教育ワークショップ

「救急医療システムを問い直す」

 

救急医療システムの再構築に向けて

〜コストと負担を考える〜

講師:安川 文朗 氏

(熊本大学教授/医療政策・経営研究センター副センター長)

 

「救急は医の原点」に対応できない公立病院

〜再生のシナリオを掲示する〜

講師:邉見 公雄 氏

(赤穂市民病院長/全国自治体病院協議会会長)

 

日 時:11月11日(火)18:00〜20:30<終了> 
会 場:今出川キャンパス扶桑館 MM2
参 加:無料/定員60名    map.

〜受付は終了しました〜

 

 

 


 

同志社大学大学院総合政策科学研究科
寄付教育研究プロジェクト

医療政策・経営研究センター
2008年度第2回教育ワークショップ

「選択と集中からモジュール化へ」

講師:秋山 和宏 氏

(医療法人財団松圓会東葛クリニック病院 消化器外科部長)

「急性期病院における地域連携サービスの重要性」

講師:山岡 義生 氏

(財団法人田附興風会医学研究所 北野病院 院長)

 

日 時:9月18日(木)18:00〜20:30 <終了> 
会 場:今出川キャンパス扶桑館 MM2
参 加:無料/定員60名    map.


〜受付は終了しました〜

 

 


 

同志社大学大学院総合政策科学研究科
寄付教育研究プロジェクト

医療政策・経営研究センター
2008年度第1回教育ワークショップ
「医療の効率性とは何か」

〜経営と診療の現場から〜

 

1.歯科医師をとりまく社会環境に関する研究

〜社会保障制度からの考察〜

講師:中納 治久氏

(昭和大学歯学部歯科矯正学教室 准教授)

aaaaa2.病院経営における効率性(化)を考える

講師:宮部 剛実氏

(大阪府済生会吹田病院 事務次長)

 

日 時:7月23日(水)18:00〜20:30<終了>  
会 場:今出川キャンパス扶桑館 MM2
参 加:無料/定員60名    map.

 

 


〜受付は終了しました〜

 

★ワークショップの様子はこちら→

 


 
同志社大学大学院総合政策科学研究科
寄付教育研究プロジェクト
医療政策・経営研究センター
2007年度教育ワークショップ(後期)
「社会を創る医療」
◆第1回◆
「医療発社会貢献の実践」
  日時:10月4日(木)17:30〜20:30 <終了> 
会場:寒梅館KMB212
講師:斎藤槙氏
(ASUインターナショナル代表取締役)

◆第2回◆
「地域医療の条件と課題」
  日時:12月20日(木)17:30〜20:30 <終了>
会場:寒梅館KMB211
講師:平井愛山氏
(千葉県立東金病院院長)
◆第3回◆
「経営(マネージメント)をサポートする人事」
  日時:1月17日(木)17:30〜20:30 <終了>
会場:寒梅館KMB211
講師:藤井乃里江氏
(日本アルカテル・ルーセント叶l事部マネージャー)

★★3Days国際ワークショップ★★

2007年 11/8.15.16 <終了>

詳細は<新しい動き>へ
国際ワークショップポスターはこちら

  <受講料無料・事前申込要>
※受講ご希望の方は、受講申込書に必要事項をご記入の上、添付ファイルとしてメールで送信していただくかプリントアウトをしていただきFAXにてお申込下さい。
(※先着順:定員80名)
 


 
同志社大学大学院総合政策科学研究科
寄付教育研究プロジェクト
医療政策・経営研究センター
2007年度教育ワークショップ(前期)
病院運営を再検討する
<4回シリーズ>
   
◆第1回 「医療関連ビジネスからみた病院運営」
日時:5月17日(木) 午後5時30分〜8時30分
会場:KMB212    <終了>
講師:川ア義夫氏
(ホーメイション株式会社代表取締役社長)

   
◆第2回 「ジャーナリストからみた今後の医療改革」
日時:6月21日(木) 午後5時30分〜8時30分
会場:KMB208    <終了>
講師:渡辺俊介氏
(日経新聞論説委員)
   
◆第3回 「これから求められる病院マネジメント」
日時:7月19日(木) 午後5時30分〜8時30分
会場:KMB211    <終了>
講師:正木義博氏
(済生会熊本病院副院長)

★ワークショップの様子はこちら→ 
   
◆第4回 「医療コンサルタントからみた病院運営」
日時:9月20日(木) 午後5時30分〜8時30分
会場:KMB208    <終了>
講師:加藤純一氏
(株式会社総合システム研究所代表取締役社長)
会場:
同志社大学 寒梅館2F
※4回続けて受講いただくことを強くお薦めいたします。



 

開設1周年記念特別講演会
日野原重明先生講演会

「これからの医に求められること〜倫理と科学〜」

日時:

2007年3月16日(金) 午後2時〜午後4時30分

<終了>  
会場
明徳館2F21号教        ポスター(PDF)
  会場周辺地図はこちら
定員:

参加無料 定員 先着 700名

内容

基調講演:午後2時5分〜3時25分

講師:
日野原重明先生

(聖路加国際病院理事長)
座長:
瀬戸山元一先生
(総合政策科学研究科チェア・プロフェッサー)

シンポジウム:午後3時30分〜4時30分

日野原重明先生
堀場雅夫先生(堀場製作所最高顧問)
新川達郎先生(総合政策科学研究科長)

座長:
安川文朗先生

(医療政策・経営研究センター センター長)

総合司会:
孔 泰寛
先生

(医療政策・経営研究センター 副センター長)

同志社大学医療政策・経営研究センター主催
医療経営特別講演会

医療機関再生の戦略:
企業とのパートナーシップを目指して

日本の医療は大きな変革期の只中にあります。医療機関経営の再生には、社会の多様なリソース、特に民間企業のもつ資源やノウハウの活用が重要な鍵となるでしょう。多くの公的病院の経営改革を断行し、医療機関の再生を手がけた瀬戸山元一客員教授から、医療再生のために今何が求められているか、どんな叡智が結集されるべきかを提言します。

日 時:2006年10月30日(月) (15:00〜17:00)

                              <終了>
テーマ:医療機関再生の戦略:
企業とのパートナーシップをめざして

講 師:瀬戸山 元一
(総合政策科学研究科チェア・プロフェッサー)

 

参加者定員:150名
参加費用:無料
※講演会終了後懇親会がございます
 

教育ワークショップ
これからの医療政策と医療ビジネスを考える


いま、日本の保健医療はおおきな岐路にたっています。医療技術の高度化と規制緩和が進むなか、高品質の医療サービスが求められるいっぽうで、医療提供に必要な財源をどう確保するかが喫緊の課題となっています。医療における「負担」と「便益」のバランスを保ちつつ、持続可能な医療保障制度を実現するために、人、モノ、サービス、そして金をどう調達し、どう使うべきか・・・いまこそ、医療に関わるすべての立場の人々が、しっかりと将来を見据えたビジョンと戦略をもたねばなりません。同志社大学医療政策・経営研究センターは、社会システムとしての医療を更に発展させつつ、同時に人々の真の福祉(ウエル・ビーイング)を向上させることが必要との視点にたって、望ましい制度設計のあり方と、社会の多様な医療資源の効率的で有効な活用の仕方を研究し提言するセンターとして、本年4月に設置されました。そして10月より、学生や研究者だけでなく、医療従事者や医療ビジネスに携わる方、さらに医療の問題に関心をもつ多くの方々を対象に「教育ワークショップ」をシリーズで開講いたします。 このワークショップでは、狭い意味の医療問題だけでなく、わたしたちの社会生活全体と関わりをもつ、より広範でかつ今最もホットな話題を取り上げ、明日の医療の具体的イメージとそのための方策を、各分野の第一線で活躍される講師とともに考えます。参加者は、レクチャーとディスカッションを通じて、あるべき医療とはどのようなものか、それをどう創り上げるかについて、理論と実践を学ぶことができます。 このワークショップを通じて、新たな医療政策のフロンティアを拓(ひら)きましょう。皆様のご参加を心からお待ちしています。


教育ワークショップ (4回シリーズ) <終了>

第1回 ビジネスのコンセプトをどう変えるか
     〜Cool Blueの取り組み〜

日 時:2006年10月12日 (17:30〜20:00)
テーマ:なぜ今Cool Blueなのか?
     社会マーケティングの国際的動向
日 時:2006年10月13日 (17:30〜20:00)
テーマ:医療ビジネスのコンセプトをどう変えるか
     (ミニ・シンポ)

講 師:斉藤 槙
     (ASUインターナショナル代表取締役/米国在住)
講 師:小木曽 麻里
    (世界銀行多数国間投資保証機関東京事務所長)
 

第2回 日本医療のグランドデザイン

日 時:2006年11月9日 (17:30〜20:00)
テーマ:日本医療のグランドデザインと
     医療関係者の役割
     〜法政策の観点を中心に〜
日 時:2006年11月10日 (17:30〜20:00)
テーマ:これからの病院の役割とは?
     (ミニ・シンポ)

講 師:島崎 謙治
(国立社会保障・人口問題研究所政策研究調整官)
講 師:瀬戸山 元一
(総合政策科学研究科チェア・プロフェッサー)
講 師:安川 文朗
(医療政策・経営研究センター センター長)
 

第3回 医療ベンチャービジネスの将来像

日 時:2006年12月14日 (17:30〜20:00)
テーマ:アメリカの医療ベンチャーの動向と日本の戦略

日 時:2006年12月15日 (17:30〜20:00)

テーマ:日本の医療ベンチャーはどこまで成長できるか
     (ミニ・シンポ)

講 師:Gregg L. Mayer
(Gregg L. Mayer & Company, Inc)
講師:礒崎 圭二
(日本ヘルスケア総研監査役)

 

第4回 医療ファイナンス再考

日 時:2007年1月25日 (17:30〜20:00)
テーマ:医療におけるファイナンスの基本課題
日 時:2007年1月26日 (17:30〜20:00)
テーマ:医療ファイナンスの活性化と日本医療
    (ミニ・シンポ)

講師:川北 英隆
(京都大学大学院経営管理研究部 教授)
講師:山根 武夫
(なぎさ監査法人理事長)